Lenovo ideapad 300 ヒンジ故障の修理

Lenovo ideapad 300 以前当社にて販売させて頂いたお客様のものですが、ヒンジの故障とのことでお預かりしました。ノートパソコン内部のすべてのパーツを一旦取り外してから移植作業となりました。CPUはインテル® Celeron® プロセッサー N3050ですが結構早いです。この作業のBGMはMichel Legrandです。

ヒンジ部分のプラスチックが割れてしまっています。プラスチックも弱いものが使われいてるみたいですね^^;

下のパネルを取り寄せて交換します。メーカー保証内でしたらメーカー保証が使えない修理になりますので保証期間内であればメーカー対応をおすすめします。今回は保証期間を超えているため当社にて修理することにしました。

パネルをばらして

丁寧に内部パーツを移植していきます。

これがノートパソコンのマザーボードになります。

マザーボードから伸びている線は無線LANのアンテナと液晶に接続されているケーブルです。

立ててもガタツキが無いか確認

このパソコンはSSD仕様にしてますので高速に動作してくれます。

すべてのカバーをもとに戻し動作を確認して完成となりました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP